一般歯科

むし歯の治療について

患者さんの歯を長く健康に。大切にしていきたい。

ご自身の歯を長く使ってもらうために歯は極力削りません
ご自身の歯を長く使ってもらうために歯は極力削りません

人体の中で、歯の組織は再生が不可能な組織として知られております。一度失ってしまった歯は戻ってきません。 歯科の治療行為が本当に正当性のあるものなのかどうかを慎重に判断し、ご納得いただいたうえで、治療を進めたいと考えております。歯の大切さを患者様にご説明することはもちろん、すべての医院スタッフが同じレベルで歯の重要性を認識していることが重要であると考えております。

むし歯治療において痛みの少ない治療を行っています
むし歯治療において痛みの少ない治療を行っています

患者様の問診表でよく目にするのが「痛みに弱いので、気を付けて治療をしてほしい」ということです。以前の歯科治療でつらい思いをされた方や、小さなお子様においては、痛みによる経験が生涯の歯科治療への嫌悪感につながってしまうこともあります。

当クリニックでは、このようなことを防ぐために、注射による麻酔以外に、塗布するタイプの麻酔、また注射の際にも極細の注射針を使用するなどして、痛みを軽減させる努力を行っております。

痛みに極端に弱い患者様に対しては、口腔外科医に点滴を取っていただいて静脈内鎮静法を施すなど、さまざまな手段を整えております。

ドックベストセメント
(歯を削らず、虫歯菌を殺菌して治療する方法)

ドックベストセメント(歯を削らず、虫歯菌を殺菌して治療する方法)

虫歯は、歯に虫歯菌が感染して生じる感染症です。という事は、感染源である菌を殺菌する成分を含んだ薬があれば、歯を削らなくても良くなるという事になります。

当医院では、虫歯菌を殺菌する成分を含んだセメントを、虫歯菌で感染した歯質に直接塗布して、虫歯の進行を食い止める治療方法も取り入れております。

このセメントには、健康な歯にとって必要なミネラルが多く含まれており、軟らかくなってしまった歯質を硬化させる作用もあり、適応症の場合には、患者様に説明をさせて頂いております。

まだまだ、メジャーな治療方法ではありませんが、神経を守り、歯を出来るだけ温存したい、という症例では、提案させて頂いておりますので、ご興味がありましたら、ドクターまで、お問い合わせください(適応症でない場合には、使用しません)。

日本の保険診療システムの中で行う歯科治療について

日本の保険診療システムの中で行う歯科治療について

日本は国民皆保険制度という恵まれた環境を整備しています。ちゃんと保険料を納めていれば急な病気やケガの時も、日本では一定の割合分だけ治療費を負担すれば残りの多くを国や、会社が負担して払ってくれるというすばらしいシステムです。

海外では病気やケガの治療は個人で入った保険の範囲内でのみ保障されますが、高額な保険料金や、様々な制約があるなど日本のシステムと比べると不親切な面もあるようです。

このようにシステム自体は素晴らしいのですが、その中身を見てみましょう…

保険歯科診療のシステム

基本は、治療をメインに考えているという事。つまりたくさん治療したり、複雑な治療をしたりするほうが、保険点数(治療費)が高くなるシステムです。
虫歯の治療で考えてみると…

  • 型を取って詰め物を作るほうがダイレクトに詰めるよりも治療費が掛かります。
  • 複雑な形態に削るほうが、治療費が掛かります。
  • 部分的に詰めるよりも、グルリと全部削ったほうが、治療費が掛かります。
  • 一生懸命神経を残す治療をするよりも、神経を取ったほうが、治療費が掛かります。
  • 歯を抜いて、ブリッジや入れ歯を作ったほうが、一本の歯を抜かずに残して治療するよりも治療費が掛かります。

保険治療中心の診療システムの中では「歯を削る」「歯を抜く」「抜いたところを修復する」ことに対して報酬が支払われるのです。 「歯を削らない」「歯を抜かない」「予防」という診療行為に対しての報酬はとても低く抑えられています。 このことが日本で、「歯を守る」治療が普及しなかった理由の一つでしょう。しかし皆さんの歯を守るためには「歯を削らない」治療を目指すべきで、削る治療 をいつまでも中心にしていてはいけないと思うのです。

定村歯科医院では「皆さんの歯を守る」という気持ちを持って治療に当たらせて頂いております。

歯周病治療

歯周病治療のメニューについて

当クリニックでは、一般的な保険診療の歯周病治療に加え、保険外のコースとして、「精密口腔内診査診断」を行い、「歯周病初期治療」「歯周病安定期メンテナンス」など患者様ひとりひとりの口腔内の状況に合わせたケアをご用意しております。
精密口腔内診査では、口腔内の画像診断(デジタルレントゲン・パノラマレントゲン・歯科用コーンビームCT検査)と、マイクロスコープによる口腔内カリエス・歯周ポケット検査を行い、口腔内の状態を精密に診査したうえで、どのようなプランが患者様に最も良い治療なのかを提示しております。

日本の保険診療システムの中での歯科治療

歯周病ってそもそもどんな病気?

歯周病は、健康な歯を失う場合もある怖い病気のひとつです。口腔内には何百種類もの菌が生息しておりますが、その菌の数が増えてしまったり、身体の抵抗力が落ちてしまったりすることで、歯周組織にダメージが及ぶことが原因です。
当クリニックでは、口腔内の細菌のコントロールを行うためのさまざまなアドバイスと治療を行っています。国民病ともよばれる歯周病ですが、きちんとした知識とホームケアの技術があれば、十分対応できる疾患です。ぜひ、当クリニックでその知識やスキルを身に着けていただければと思っています。

歯周病におけるリスクについて

歯周病のリスクとして挙げられるのは、歯の喪失、審美障害、咀嚼障害などでしょう。それに加えて、歯周病は全身疾患の関連性が近年明らかになってきております。
特に糖尿病や心臓疾患、脳梗塞、さらには早産や低体重児出産のリスクが知られております。

歯周病治療のメニューについて

定村歯科医院での歯周病の治療は主に以下のようなメニューになっております。

歯周病の検査 レントゲン検査とポケット検査をする事で歯周組織の状態を把握し、適切な治療法を説明いたします。
スケーリング 直接に目で見える範囲の歯石や着色を取ります。
ルートプレーニング 直接見えない深い部分や歯の間の歯石や着色を取ります。スケーリングと同時に行う事もあります。
光線力学治療 生体に無害のジェルを歯肉溝に注入し、コールドレーザーを照射し、活性酸素を発生させる機序で、歯周病菌を殺菌させる治療方法です。
外科的な歯周病治療 歯周病菌が器具の届かない深い所まで進行しており、炎症が取れない場合や歯周組織の状態が清掃しにくい場合、環境改善のために麻酔下で歯肉を切開して外科的に歯周病菌を除去したり骨や歯肉の形態を整えたりします。
プラークコントロール法の指導 家庭での注意点や、ブラッシングのポイント、補助的な清掃器具の使い方の指導などを行っています。
メンテナンス 患者様一人一人に合った間隔を提案し、定期的なメンテナンスで、歯周病の進行をストップさせます。

老化と歯周病は関係がない?

老化と歯周病は関係がない?

老化と歯周病との間に相関関係があるという科学的な裏付けはありません。
歯茎が下がって歯が抜けるのは、不適切なブラッシング・噛み合わせのバランスの悪さ・歯周病の病原菌によるものです。
この歯周病菌は、酸素を嫌う性質があり、歯の周りに出来た歯周ポケットのような酸素の少ない環境が大好きです。そして菌同士で固まりを作り、歯に強固に付着し、バリアのような膜を表面に作ってしまいます。こうなってしまうと病原菌を除去するのが大変です。さらにこの歯周病菌は、血液や唾液、吸気に混じって肺や消化器に入り込み体に大きなダメージを与えるという事も報告されています。時には生死に関わる問題に繋がる事もあるのです。
歯周病の治療とは、ずばりこの歯周病菌の除去が全てです。大切なのは綺麗にした状態をいかに長くキープするかです。毎日、毎食後の口腔 清掃がきちんと行っていきましょう。

お気軽にご相談ください

JR荻窪駅 西口改札より徒歩約2分
近隣にコインパーキングもございますので、お車でのご来院も可能です。

pagetop